抑肝散(よくかんさん)の効果や成分、お得な通販情報

抑肝散

 

抑肝散(よくかんさん)は7種類の生薬が配合された
神経の高ぶりを抑える働きに優れた漢方薬。

 

子供の夜泣きやひきつけ、疳の強い子供の緊張を抑えるなど、
比較的子供向けに使われることの多い処方です。
神経過敏や不安などに働きかけ、心身の状態をよくします。

 

抑肝散

 

さらに脳神経に働きかける作用から、アルツハイマー型
認知症による徘徊や妄想、興奮などの症状を抑えること
でも知られています。

 

 

抑肝散(よくかんさん)の効果や成分

 

夜泣きや疳症、アルツハイマー型認知症に有効

抑肝散
抑肝散は、虚弱な体質で神経がたかぶりやすい人の
不安やイライラ、不眠などのトラブルを抑制します。

 

子供の夜泣きやかんしゃくなどの神経のたかぶりにも
働きかけるとされています。

 

また、近年の研究では進行性のアルツハイマー型認知症
よって起こる妄想や徘徊、暴力の抑制にも効果を発揮する
ということがわかってきています。

 

脳の神経細胞死を抑肝散によっておさえることで、幻覚や
妄想などの症状を抑制すると考えられるのです。

 

 

神経に働きかける7種の生薬を組み合わせた処方

抑肝散
抑肝散で組み合わされている生薬は7種類

 

熱や炎症を冷まして筋肉の緊張をゆるめる働きを持つサイコ、
脳の循環をよくするチョウトウコウ、水分の循環をよくする
ソウジュツ、気分を落ち着けるブクリョウ、緩和作用を持つ
カンゾウ、血行をよくして貧血を抑制するセンキュウ・トウキ
が配合されています。

 

 

抑肝散(よくかんさん)がおすすめの方

 

・子供の夜泣きや疳の強さに
・神経症や神経のたかぶり、神経過敏に
・更年期障害など女性ホルモンによる不安や苛立ちに
・不眠症や歯ぎしりの改善に

 

 

抑肝散(よくかんさん)の飲み方や副作用について

 

抑肝散(よくかんさん)の効果的な飲み方

抑肝散
・用量
大人:1回5錠
7〜13歳:1回4錠
5〜6歳:1回3錠

 

・用法
1日3回、食前か食間に水やお湯などで飲んでください。
小児に飲ませる場合は、保護者の監督の元で安全に
服用させるようにしてください。

 

 

抑肝散(よくかんさん)の副作用の危険性は?

抑肝散
・医師の治療を受けている人や妊婦、妊娠の可能性がある人、
胃腸が弱い人、医薬品によって発疹などが出たことがある人、
市販薬や処方薬を服用中の人は、服用前に医師又は薬剤師に
相談するようにしてください。

 

・服用後に皮膚の発疹やかゆみなどの症状があらわれた場合、
また1か月程度(小児夜泣きは1週間程度)服用しても
症状がよくならない場合はただちに服用を中止して、
医師や薬剤師に相談してください。

 

・まれに甘草の大量服用による副作用「偽アルドステロン症」
と呼ばれる症状があらわれる可能性があります。むくみや
血圧の上昇などが考えられるため、甘草が処方された方剤の
長期併用に注意してください。

 

また、間質性肺炎や重い肝障害などの報告もあるため、
空咳や息苦しさ、発熱、だるさ、吐き気、食欲不振、
皮膚や白目が黄色くなるなどの症状があらわれたら、
すぐに医師の診察を受けるようにしてください。

 

 

抑肝散(よくかんさん)の通販情報

抑肝散

通常価格(税込)

4,320円

内容

350粒(約1か月分)/1日9〜12粒目安

配送料

540円

 

特典・お得な情報
割引額

特になし

 

支払い方法

クレジットカード、代金引換、後払い(郵便局)
代引き手数料:無料
後払い手数料:無料

 

 

 

抑肝散(よくかんさん)

 

 

抑肝散(よくかんさん) 口コミ  夜泣き対策 ランキング