どうして泣き止まないの!?夜泣きの理由や原因とは?

夜泣き対策

「夜泣きとは、生後数か月以降の赤ちゃんに見られる
原因のわからない夜間の泣き」

 

ほとんどのママが悩んだことがあるという
「夜泣き」。
なぜ赤ちゃんは夜になると泣いて、なかなか
泣き止んでくれないのでしょうか?

 

はっきりとした理由はわからないとされているものの、
いくつか考えられるものはあります。

 

その日泣いている理由が、どれに当てはまるかはわからない
場合もありますが、対策や対応を考えるためにも
ぜひ考えられる理由や原因を知っておきましょう。

 

赤ちゃんの夜泣きの理由や原因

 

新生児

 

生まれてまもなくの赤ちゃんの場合は、まだ昼夜の区別が
ついていないため、昼間に起きて夜に眠るというサイクルが
出来あがっていません。

 

数十分から数時間の短いサイクルで「泣く」「飲む」「寝る」
というリズムをくり返しているのです。

 

そのため、夜中であろうとも関係なく泣き出しますが、
多くの場合は満腹になったり抱っこされることで泣き止み
眠るようです。

 

 

生後半年頃

 

5〜6か月頃からいわゆる「夜泣き」と言われるような
なかなか泣き止まない状態が始まりやすいとされています。

 

昼夜の区別がつき、それぞれの家庭の生活環境などに
慣れて睡眠のリズムも出来始める頃です。

 

しかし睡眠のサイクルもまだ未熟であるため、深く眠れず
すぐに目を覚ましてしまったり、夢を見るようになって
夜泣きをすることが出てくるようです。

 

日中の生活の中でさまざまな刺激を感じて、その刺激が
強すぎることで睡眠中に情報を処理しきれないことも
原因となると考えられています。

 

また、歯が生え始める頃でもあることからその不快感で
うまく眠れないこともあるようです。

 

 

1歳前後

 

半年頃の夜泣きと同様、睡眠サイクルが発達段階であり
安定しないこともひとつですが、授乳が原因となってくる
こともあるようです。

 

卒乳したことをきっかけにうまく眠りにつけず泣き止む
ことが出来なかったり、逆に短時間での授乳や添い乳を
していることで眠りが浅くなってしまう場合もあります。

 

 

2歳以降

 

2歳を過ぎて夜泣きをする場合は、日中に受けた刺激が
強かったり、ストレスを感じたことなどが影響して
夜泣きという形につながることがあります。

 

また、いつもと生活リズムが違ったなど「変化」に対して
敏感に感じ取ってしまう頃でもあります。

 

 

幼児(3〜6歳位)

 

夜泣きが落ち着いてきた頃に突然また夜泣きをしたりする
場合は、体調不良の可能性もあります。

 

突然の熱やかゆみなどの不快感、お腹の不調などで
泣き止まない可能性もあるので、あまりにも唐突な夜泣きや
いつも以上に泣き止まない場合などは体をしっかりと
チェックしてみるようにしましょう。

 

また幼児期の夜泣きは、赤ちゃんの頃の睡眠リズムによる
夜泣きとは違い、睡眠障害のひとつである「夜驚症」で
ある場合も考えられます。

 

夜驚症の場合、突然目を覚まして泣き叫んだりすることがあり、
数分続いた後に眠りに戻ります。また、泣き叫んでいる間も
目を開けず、寝ぼけたような状態で呼びかけなどにも
応じないこともあります。

 

その場合、夜間に目を覚ましたことを、翌朝覚えていない
ことも少なくないようです。

関連ページ

あやし方は100人100様!夜泣きの対処法を知っておこう!
夜泣き対策についてのコラムです。夜泣きで困った時の対処法はコレ!ぜひお試しください。
いつから始まっていつまで続くの?夜泣きの時期について
夜泣き対策についてのコラムです。夜泣きは何歳から始まるのでしょうか?そしていつまで続くのか知って、知識を深めておくとイライラの対処にもなります。
夜泣きを放置するとどうなる?健康にも影響するって本当?
夜泣き対策についてのコラムです。泣いている赤ちゃんを放置したくなるママの気持ち…しかし健康にも影響するかもしれない行為かもしれません。しっかりとした知識を付けましょう。